welcome to my homepage 赤目四十八滝 紅葉写真(2010/11/16)
秋の山野草
春4月の花 1 2 3  掲示板    花と音楽と悪戯画 短歌・俳句 詩と写真集1

↓しょうじょう‐ばかま【猩猩袴】
ユリ科の常緑多年草。山地に自生。
高さ約二〇センチ。
披針(ひしん)形の葉を多数根生する。
春、葉の間から花茎を出し、
紅紫色の花を総状につける。
《季 春》「城山は―ばかりかな/節子」
大辞泉

↑もも【桃】 バラ科の落葉小高木。
葉は細長くて先がとがり、
縁に細かいぎざぎざがある。
四月ごろ葉より早く、
淡紅色のほか白や濃紅色の
五弁花を開く。
夏に球形の肉厚多汁の実がなり、
食用。種子は漢方で桃仁といい
薬用。
中国の原産。日本では古くから
果樹または花木として栽培され、
品種が多い。
《季 花=春 実=秋》
「ゆるぎなく妻は肥りぬ―の下/
波郷」
大辞泉

↑(しな)れん‐ぎょう【連翹】
モクセイ科の落葉小低木。
枝は叢生(そうせい)し、
長く伸びて垂れる。
葉は卵形。早春、葉の出る前に、
黄色い花を多数開き、
花びらは四つに深く裂けている。
果実は楕円形で、漢方で抗炎症
解毒・利尿薬として用いる。
中国の原産。
庭木にする。いたちぐさ。
《季 春》
「―や真間の里びと垣を結はず/秋桜子」
大辞泉

↓おう‐ばい【黄梅】
モクセイ科の落葉小低木。
よく枝分かれし、先が垂れ下がる。
葉は三枚の小葉からなる複葉。
早春、葉より先に、黄色く筒状で
先の六裂した花をつける。
中国の原産で、観賞用。
迎春花。金梅(きんばい)
《季 春》大辞泉

↑りんどう【竜胆】
リンドウ科の多年草。
山野に生え、高さ20〜60センチ。
葉は先のとがった楕円形で
三本の脈が目立ち、対生する。秋
青紫色の鐘状の花を数個上向きに開く。
根・根茎に苦味成分を含み、漢方では
干したものを竜胆といい薬用。
同科にはハルリンドウ・ミヤマリンドウや
センブリなども含まれる。
えやみぐさ。にがな。ささりんどう。
りゅうたん。りゅうどう。《季 秋》
大辞泉

↑かたくり【片栗】
ユリ科の多年草。山地の林に生え、
高さ約一五センチ。葉は楕円形で、
表面に紫色の斑紋がある。
早春、花茎の頂に紫色の花を下向きに
一個つけ、花びらは六枚あり、
先が反り返る。
鱗茎(りんけい)は
良質のでんぷんを含む。
かたかご。《季 春》大辞泉

inserted by FC2 system